永遠の夕暮れ

アクセスカウンタ

zoom RSS 倶利伽羅峠(09.10.25)木曽義仲

<<   作成日時 : 2009/10/31 00:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 先週、富山−石川県境にある、『倶利伽羅峠(石川県津幡町)』に行ってきました。
 源平の合戦で、木曽(源)義仲の軍勢が圧倒的な平家の軍勢を『火牛の計』で撃破し、劇的な勝利をおさめた地であり、これが歴史的なターニングポイントであったわけです。
 ま、金沢での講座が早く終わり(そして最終日だったので)帰り道に寄ったわけですが。

 さて、事前調査のヒマが無かったので、とりあえず駅に向かいます。が、途中で『道の駅〜源平の里』の立派な看板があちこちに見えるので、ここで情報収集しようと立ち寄ると、駐車場が一杯。確かに最近の道の駅は結構充実しているからきっと収穫があるに違いないと、なんとか車をとめて、と。
 お!イベントをやっているではないか!
 これは幸先の良い
画像

画像


おお!屋台屋台!地元の名産が食べられるにちがいない!

 が……こ、これは……近隣住民の集い? これは困った。屋台も地元のバザーみたいな感じだ(行った時間が遅かったので、メインの商品が切れた後だったこともある)。
 近隣のパンフレットは、と……「何故、『佐渡島』のパンフが置いてあるのに、近隣の情報がないんだぁぁぁ!」
 どうしよう。いや、誰かを誘わなくてよかったよ。おい。と、冷や汗
 気をとりなおして、倶利伽羅名物『餡ころ餅(赤福の小さいものと思ってください)』(商品名は『津幡町名物キビアンコロ』)を購入して満足満足。
画像

画像


 キビが入っているから、『もも太郎』のパッケージという発想はあまりにベタであるが、まぁそこはそっとしておいてあげよう。
 味は、竹の皮の薫り漂う昔懐かしい素朴な味わい。とっても美味しいです。
 昔は富山県各地の駅で類似商品が売られていたのだが、最近は見かけることもなくなったので、これは実に嬉しい。

 さて、このイベントは、『ござっさい祭り』と呼ばれ、今回が11回目とのこと。そして、今回は『大河ドラマ 木曽義仲』誘致運動も兼ねているらしい。
 そして、フィナーレは!
 大抵、この規模のイベントでは『ちびっこ武者』の登場でだろうと思っていると……なんと!『倶利伽羅峠の歌に合わせた健康体操』である……
画像


 なんというか、健康体操が『誘致運動』の売りというのが意味不明なのだが……何も言うまい。出演者も体操をマスターしていなかったし。

 さて、時間も無いので、倶利伽羅駅へ。
画像


 静かな無人駅。いいなぁ。こういう風景。好きだな。
 しかし……『源平合戦場陣地跡まで2.5km』(地図なし)と、ペンキで書いてあるだけである。ナビがなかったらと考えると恐ろしい。

 山道に向かって車を走らせる。どんどん道が狭くなる。で、すれ違いのできない細い道に突き当たった! 少なくともワンボで行く所じゃないぞ!
 どこか路駐できるところを探すが、ワインディングが続く。見えるのは『熊注意
』の看板ばかり。そしてUターンできる道が無い。冷や汗が出てくる。
 途中で強引にUターンしてさっきの細い道を突っ切ると、なんと10mmほどで『倶利伽羅不動尊』の駐車場に到着してしまった。くそっ。
 そして、元々『倶利伽羅不動尊』を目指してくれば苦労せずに済んだことに気づいてガッカリ。

 まずは、『不動尊』にお参りして心をしずめましょう。お線香の香りに理性が戻るね。

 車も通れないことはないけれど、道が狭いので歩きで陣地跡を目指します。

 おお!『火牛の像』だ!
画像

 
 そして、陣地跡
画像

 
 松尾芭蕉が義仲の無念を涙ながらに唄った句碑もあったりします。
画像


 山里の風景がのどかです。
 
画像

画像


 しかし、だ。本来、俺は、こういうのどかな山里が大好きなのだが、どうもピリピリする。やはり、午前中に面接実習を合計80分やった上に、ここに至るまで疲れることが多々あったためであろうか。雰囲気を堪能できずに残念だ。

 しかし、ふと思いついた。
 テクテクと『火牛』に近づき、
画像

 
 「お前の奥義など、指一本で充分だ!」と、北斗神拳伝承者のごとく『火牛』に対決を挑む。
 いや、こんなバカなことでも意味はあるんですよ?
 緊張が解けて、五感が甦る。
 土の匂い。枯れ葉を踏む音。虫の声や羽音。鳥の(主にカラスだが)声。
 やっと落ち着いた。

 しかし、だんだん暗くなってくるし、翌日は仕事なのでゆっくりもできずに帰路についたのでした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
倶利伽羅峠(09.10.25)木曽義仲 永遠の夕暮れ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる