永遠の夕暮れ

アクセスカウンタ

zoom RSS ハワード

<<   作成日時 : 2010/06/13 00:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

1936年6月11日、一人の作家が自らの頭を拳銃で撃ち抜いた。
享年30歳。母親の死に際し、その生涯の幕を閉じた。
ロバート・E・ハワード。
クトゥルー神話関連を始めとする怪奇作家としても名作を残し、ヒロイックファンタジーや冒険小説においても活躍。同時にそれらを融合させた独自の境地を開拓した希有な作家である。
特に「英雄コナンシリーズ」のヒロイックファンタジーの草分けとしての貢献は大きい。
英雄コナンシリーズは、アーノルド・シュワルツネガー主演で1982年、1984年の2回映画化されている。
生前はそれなりに評価を得ていたとはいえパルプマガジンでの執筆がメインだったから、彼のキャラクター、狂気の詩人ジャスティン・ジョフリと同じく「天才の例にもれず、その名声は死後に高まった」といえる。

H.P.ラヴクラフトの弟子の中で、俺が唯一称賛する作家。
オーガスト・ダーレスはラヴクラフトの作品群を母体に誰にでも分かりやすいクトゥルー神話を構築し、商業的な成功に繋げて日の当らない生涯を送った師が今日においても高い評価を得られる環境を作ったが、反面、著しく作品の価値を陥しめた。
ハワードの作品は「黒の碑」を頂点として、世界史に精通した独自の境地を展開しつつも高い質を保ちえたというか、創作した。
とりわけ、「無名祭祀書」「フォン・ユンツト」「ジャスティン・ジョフリ」という設定を神話体系に加えた貢献度は非常に高い。
「無名祭祀書」の記述に始まり、トルコ軍のハンガリー侵攻を土台に据え、豊富な歴史の知識に基づいて緻密に創り上げられた「黒の碑」はラヴクラフトとは異なるが、本家の的も外すことなく見事に描きあげた傑作だと思う。

30歳の若さでこの世を去ったのは惜しまれるが、仕方のないことだったと思う。
繊細で内向的で読書好きな少年が、荒っぽいテキサス州の田舎町で少年時代を過ごしたのはかなりストレスだっただろう。
致命的に厄介なのは、父親の不在と母親の異常な過干渉にあったといえる。
FBIのプロファイリングなどを見ると、このような家庭環境で育った人間が重大な犯罪者を引き起こす確率は一般家庭よりもかなり高いという。
例え犯罪を犯さなくとも正常な生活を営むには困難な非可逆な障害を残す。
実際かれは、少年時代こそ虚弱だったものの、それを克服するためにボクシングを初めとするスポーツに打ち込み、元々身長にも恵まれていたこともあり、彼の主人公と同じく筋骨隆々とした体躯を得た。
同時に作家としても成功しつつあり、自身の努力で精神的にも肉体的にも充分なものを手に入れた。
しかし、それでも心の闇を消すには程遠かった。
常に誰かに付きまとわれ襲われるという妄想に悩まされ護身用拳銃を常に持つ日々。
貧弱な人間が暴力シーンを書いて(あるいは読んで)悦に入って満足するのとは異なり、より深刻な問題と言える。一方で、それが彼の創作の原動力ともなったのは間違いが無い。
しかし、マイナス面をどれだけプラス面に昇華させようとも心の闇が消えることはなかった。

いずれにせよ彼は若くして命を絶った。
それでも、わずかな期間に書き遺した作品が語り継がれることは間違いない。
例え心が闇に捕らわれていたとしても、人々を引き付け、後世に名を残した偉大な作家である。

※無名祭祀書:フォン・ユンツトが世界中を巡り知り得た秘義・伝承を綴った書籍。
フォン・ユンツトは施錠され、閂で閉めきられた部屋の中で、ひき裂かれた未発表草稿とともに、喉にかぎ爪の跡が残った絞殺死体となって発見され、
その後、彼の友人アレクシス・ラドーが破られた草稿を復元したが、恐怖のあまり読み終えるや即座に焼却し、自らの喉をカミソリでかき切って自殺。
完全版は「黒の書」と呼ばれ、元々の発行部数が少ない上にユンツトの死を知った所有者が焚書にしたこともあり世界に数部しか現存しないと言われる。
比較的入手しやすいものは不完全で俗悪、誤訳だらけの代物。
※ジャスティン・ジョフリ:暗黒の世界を唄いあげた狂気の天才詩人。
21歳で、精神病院で絶叫を上げながら死んだ。著作は『石碑の民』『旧世界より』

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ハワード 永遠の夕暮れ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる