永遠の夕暮れ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「劇場版マクロスF〈フロンティア〉〜サヨナラノツバサ〜」観た

<<   作成日時 : 2011/03/21 20:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「劇場版マクロスF〈フロンティア〉〜サヨナラノツバサ〜」
観てきました。世間が大変な時にって言われるかもしれないけど。
 
 自宅近くのシネコンでやると思ってたら、比較的遠くの映画館の上映でやがんの。
 いやあ。よかったよ。もう一回観たいかな。
1st世代としては、どーしても「愛おぼえていますか」と比較しちゃうわけで。前作(前編)があれのオマージュ連発だったし。テレビ版観てないし。
だけど、あまり意識して先入観持たない方がよかったな。後悔。

ちとネタバレあり。

「愛おぼえていますか」は30年近く前になっちゃうんで、映像の技術的な違いは当然として、「考え方」の違いというのが感慨深い。
 一番感動したっつーか、全てを表していると感じたのは、瀕死のシェリルが「私は死んでも歌は残る」って前線に行くところ。
「愛おぼえていますか」でミンメイがラストに唄うに到る動機は「みんないっぱい死んでて、それでも必死に闘ってるのに、自分がやれることがあんのに逃げてどうするの」と説得されて的な勢いだよね。
 ストーリー的にも「太古のありふれたラヴソングが戦闘に特化した種族の深層に働きかけ」て一発逆転みたいな。「歌一つでこれだけのことが為せた」的な。
キャラはあくまで全体の流れの中で各々の役割を果たす位置づけで。まだ、そーゆー時代だった。
「マクロスF」で注目したいのが、各々の「意思」もしくは「自我」だ。
ここらの感想は俺が最近、ショーペンハウアー(19世紀の哲学者)に傾倒しているからその辺の偏見もあるとは思うけど。
「愛おぼえていますか」とシチェーションは違うけれど、膨大な被害が出ている状況で、主要キャラの動機はそれを何とかしようってことじゃない。あくまで「自分がどうするか」
だ。
 シェリルは「自分の歌で銀河を震わせたい」から。アルトは「自分の飛翔」をしたいから、ブレラやグレイスは洗脳から自我を取り戻す、代償が死であれ。
或いは、「損害を最小限に抑える事」よりも「非人類と分かりあえる事」だの仁義的なものだの抽象的で感情的なことが優先される。
あくまで「自分の意思」という普遍的であるが大きな代償を支払う困難なものこそが動機となる。
 そもそも、主人公が統合軍という「公」の機関ではなく民間の「私」の組織に属している。
 故に、「愛おぼえていますか」のような大きなラストは訪れずカタストロフィは劣る。しかし、「意思は残る」
 1st世代を満足させたければ、「バジュラを味方にした時点で悪の要塞を倒してめでたしめでたし」にすれば大いに盛り上がり、ハッピーエンドで終わるのだがそうはしなかった。
 あくまでも、今という時代にあるべき価値観に従って創られた作品故に、シリーズ物という宿命を背負いながらも、独立した作品としても見事に成立したと言える。

 監督の河森さんの考え方にも大いに共感できる。
 TV版とは時間が異なる。だから単純に映画に縮めると「ただのダイジェストになる」。だからTV版とは構成を大きく変えたと。
 よく原作つき(特に長編小説)映画でがっかりするのはこの点で、映画の時間枠とオリジナルの時間もしくはメディアの違いを考慮しないために「ただの宣伝画像」になるケースが多いのだが、ここをきちんと考慮しクリアしているのは素晴らしい。

 アルト機が終盤にVF−25からYF−29に代わるのだが、当初、話を聞いたときはVF−25こそ究極のバルキリーと思っている俺は「またグッズ販売かよ」と不愉快だった。
 実のところ河森さんは「劇場枠で感情変化を表現するために必要な措置」として新型機を投入したらしい。そして見事に狙いがあたっている。
 同時に、ラストの各坐したYF−29が綺麗なのだ。
 最終回にボロボロになった姿が見事な名機はマジンガーZを皮切りにガンダム(RX-78-2)など幾つかあるが、YF−29もその一つに確実に入るだろう。

 あと、前回もそうなのだが、「画でわからせる」という映画の重要なポイントを確実に押さえている。「鍵」というキーワード、冒頭のコンサートのコンセプトからV型感染症研究への繋がりなどなど。こーゆーのはハリウッド映画は雑だし、近年の日本映画も同じ傾向だもん。

ともあれ、もう一度観たい映画ではある。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「劇場版マクロスF〈フロンティア〉〜サヨナラノツバサ〜」観た 永遠の夕暮れ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる