アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「洋楽」のブログ記事

みんなの「洋楽」ブログ

タイトル 日 時
風が吹くとき
終戦の日だからね。戦争ものがやたら放送されるわけだけど、基本的に見る事は無い。 自虐ネタばかりでウンザリするから。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/08/15 23:10
CONVERSE PINK FLOYD The Dark Side Of The Moonモデル
CONVERSE PINK FLOYD The Dark Side Of The Moonモデル この前、通販で注文したコンバースの100周年限定モデルの「PINK FLOYD」の「The Dark Side Of The Moon(狂気)」コラボデザインモデルが届きました― ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/04/17 17:27
祝! rocking’on 創刊500号!
本屋でrocking’on(ロッキング’オン)探してたら、あったよ。 おおう!創刊500号記念特別号! 記念号だけに今までのロックシーンの貴重なインタビューもあったりしてお得です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/09/28 22:55
ウイ・アー・ザ・ワールド 20周年アニヴァーサリィ/USA・フォー・アフリカ
ウイ・アー・ザ・ワールド 20周年アニヴァーサリィ/USA・フォー・アフリカ  1985年。アフリカの飢餓救済を目的として作成されたチャリティーソング「We Are The World」  当時のトップスター(及び往年のスター)が結集し作成された。  アフリカの悲惨な状況を目にして立ちあがったハリー・ベラフォンテが、クインシー・ジョーンズに声をかけ、ライオネル・リッチー、マイケル・ジャクソンが加わり、ついには当時のトップスターが結集。  今回、2005年に発売された「20周年アニヴァーサリィ」版DVDの再販です。予約していたものの、品薄のためになかなか送られず、... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/08/01 18:01
ライヴエイド(LIVE AID) DVD
 ライヴエイドのDVDをヤフオクで入手しました。2004年発売のものです。  ライヴエイド(LIVE AID)。1985年7月13日に行われた、ライブイベントとしては最大規模の出来事だった。  当時、僕は高校生で、生放送の番組が夜通し(英米との時差のため)だったこともあって全て見られなくて、今回、ほぼ(トラブルなどに起因する未収録シーンあり)これを見られることになる。  ライヴエイドは純粋な音楽イベントではなく、凄惨な飢餓に襲われていたエチオピアへの援助を目的としたチャリティーコンサートで... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/07/23 21:14
シークレッツ・オブ・ザ・ビーハイヴ/デヴィッド・シルヴィアン
シークレッツ・オブ・ザ・ビーハイヴ(Secrets of the Beehive)/デヴィッド・シルヴィアン(David Sylvian)  1987年発表のデビ・シルのソロ・アルバムです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 5

2009/04/14 20:25
ピンク・フロイド [炎/Wish You Were Here]
ピンク・フロイド [炎/Wish You Were Here] 1975年に発表されたアルバム。 僕が高校二年の時に始めて買った思い出のアルバムでもある。 当時、「新井素子」の小説にハマっていて、その著作「あなたにここにいてほしい」のあとがきで紹介されていて、暇だったから単純にそれで買ってみた。 これが、音楽趣味の始まりだったんだけど。 前作の狂気に比べると、パワーでは劣るものの、とても美しく十分な名盤である。 軽く聞けばソフトな音楽にも取れるし、深く聞けば奥深い。 プログレッシブロックの入門編としては、一番いいのでは?と思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2005/12/01 14:04
ピンク・フロイド
僕が本格的にロックを聞きだしたのは、ピンクフロイドが最初だった。 (実際には、ビートルズのベスト版ぐらいはもっていたけれど) 当時、好きだった小説のあとがきで紹介されていた「Wish You Were Here」。 このアルバムを購入した。 ここから僕の音楽の趣味が始まった。 ピンク・フロイドの特徴としては、効果的に挿入されるロジャー・ウエォーターズのサウンドエフェクト、シンセサイザー、そしてなんといってもデイブ・ギルモアの泣きのギター。 ライバルバンドに比べると、テクニックでは劣る... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2005/12/01 13:39

トップへ | みんなの「洋楽」ブログ

永遠の夕暮れ 洋楽のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる